大人や子供の歯磨きや歯磨き粉・虫歯や虫歯予防関連情報

喫煙者の歯磨き、色素沈着についての考え

歯のヤニ付着についての考え

 私は8年ほど前からの喫煙者で、2日で1箱ほどの量のタバコを吸います。
最近ホワイトニングが注目されていることもあり、歯の汚れは少なからず気になる部分です。
なので喫煙後は、歯磨きまでしなくとも、リステリンなどで口をゆすぐようにしています。
この方法で効果があるのかは、正直わかりません。
自分自身では、少しヤニがついているかな?と感じていました。
ですが先日歯科に行ったところ、「黄ばんでいる」とは言われませんでした。
先生からお話を聞いたところによると、もともと日本人の歯は少し黄みがかった色をしているそうです。
私自身汚れているかなと思っていた部分は、実はそれが本来の状態だったわけです。
その話を聞いて、「それが本来の色ならそれでいいんじゃないかな」と思い歯科でのホワイトニングはしていません。

今後の歯の手入れについて

 現在の状態で歯の汚れがひどくないとはいえ、私は喫煙者であり、コーヒーも1日1〜2杯は飲みます。
そのため、歯の汚れについては今後も注意していきたいと思っています。
使っている歯磨き粉は色素沈着を防ぐタイプのものを使い、10〜15分ほどかけて歯磨きをしています。
「芸能人並みの白い歯」に憧れはありませんが、明らかに目立つような黄ばんだ歯は他人にも良い印象を与えません。
現状維持を目指してまめに口をゆすいだり、歯磨きに時間をかける習慣をこれからも続けたいと考えています。


ホーム RSS購読 サイトマップ