フッ素は本当に虫歯予防になるのか?

フッ素は本当に虫歯予防になるのか?

フッ素は本当に虫歯予防になるの?色々思うこと。

フッ素は本当に虫歯予防になるの?

 

子供の歯科検診で生え始めの時からフッ素を塗られますね。

 

ということは本当にフッ素を塗っていれば虫歯にならない、
と考えていませんか?

 

そして、フッ素を塗っていたのに虫歯になった!効果ないじゃないか!
と憤慨されている保護者もいらっしゃると思います。

 

フッ素はプラークによる虫歯にする力を弱め、歯の再石灰化を助けるそうです。

 

だから、市販の歯磨き粉にはほとんどフッ素配合をうたっています。

 

しかし、フッ素歯磨きを使っていたのに虫歯になったという話をよく聞きます。

 

が、本当にそれはフッ素のせいでしょうか?

 

歯科医師の話では、一番の虫歯予防はしっかりしたブラッシングによるもので、
泡が出てしっかり歯磨きできなくなるので歯磨き粉は必須ではないと聞いたことがあります。

 

つまり、虫歯になってしまったのはフッ素だけのせいではなく、口内環境や歯磨きの仕方が悪い気がします。

 

子供が歯磨きを嫌がって、しっかりできなかったのではないですか?

 

それをフッ素のせいにしていませんか?

 

そして、「お菓子がほしい」とぐずられて、食べている間は静かだからとお菓子を簡単に与えていませんか?

 

特に兄弟の下の子は、幼い頃から上の子と同じ甘い物を早い時期に食べることが多く、
虫歯リスクが大きく上がると思います。

 

ぐずられたからといって、好きなものを好きなだけ与えて、
その後は甘いジュースを与えて、そのまんまではないですか?

 

それで、フッ素のせいで虫歯になった、と言うのは人のせいにしすぎていると思います。

 

本当に子供を虫歯にしたくないのなら、
規則正しいお菓子の習慣、食生活、食後のお茶やお水による簡単なすすぎをしましょう。

 

せめて、どんない泣きわめこうが、決まった時間以外は心を鬼にしてお菓子を与えない方がいいと思います。

 

それができないのなら、虫歯になって当然、仕方がないと諦めましょう。

 

そして、「フッ素健康被害説」もあります。

 

それは本当でしょうか?

 

フッ素は体にいいものではないでしょう。

 

しかし、報道されるほど、発がんしたりするのはフッ素を毎日が食べてしまったり、大量に接種した場合だと思います。

 

歯磨き粉は大量に歯ブラシに付けるものではありません。

 

べっちょり歯磨き粉を付けると、発泡が多くなり、歯磨きしにくくなりますので、
少量でいいのですが、そんな少量ですぎに人体に影響があるように思えません。

 

しかも、すすいで吐き出しているのですから、毎日大量に摂取するのは難しいと思います。

 

一番虫歯になる原因はフッ素ではありません。

 

正しい歯磨きの仕方と、食生活です。

 

虫歯が無くならなくてお困りの方は見直してみるといいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ